Vitz乗るならYDK、カスタムするならYDK!
オルタネーターの整備修理リビルト
 カーエアコン カーナビ 修理・整備・取付 車の電装・電気

神奈川 川崎・八千代電気
〒214-0021 神奈川県川崎市多摩区宿河原 6-21-1
TEL.044-900-1916 FAX.044-932-7571
YDK FACTORYは川崎・(有)八千代電気工業所が運営しています  100%の技術をお届けするために国産車メインの対応です
Line up Menu

エアコン
クリーンエアフィルターの定期交換、修理、メンテ、クリーニング

御注文/御見積フォーム


NAVI
各メーカー取扱。商品持ち込み(中古可)の取付もOK

ETC
各メーカー取扱。商品持ち込み取付、セットアップのみもOK
・取付工賃
・セットアップ費用
・ETCを使えないガラス
・ETC使用手続き



エアコンシステムの基本的な構造

カーエアコンの構造


エバポレーター(蒸発器)
冷媒が気化することによってパイプの周囲から熱を奪い、室内を冷やす部分。ここで冷やされた空気をブロワファンにより車室内に送風する。

コンプレッサー(圧縮機)
エバポレーターで蒸発した冷媒ガスを吸入・圧縮し、コンデンサーでの液化を容易にするため加圧している。マグネットクラッチを介してエンジン回転により駆動され、エアコンシステムの心臓部とも言える。内部はピストン/シリンダーで構成されエンジンと似た構造であり、同様に潤滑が不可欠となる。(潤滑用のオイルは冷媒ガスに混入されており、システム内を循環している。)

コンデンサー(凝縮器)
コンプレッサーで圧縮された高温・高圧のガス状冷媒を冷却し液化させる部分。

エキスパンションバルブ(膨張弁)
一種の絞り弁であり、エバポレーター内を低圧室にする関所のような働きをする。コンデンサーからの高圧液状冷媒をわずかな隙間からエバポレーター内に吹き出し、低圧・低温の霧状にしてエバポレーターでの急激蒸発を容易にしている。構造上、ゴミや氷結した水分などの異物が詰まりやすい。

レシーバー(受液器)
レシーバータンクなどとも呼ばれ、液体となった冷媒を一時蓄える。同時に冷媒に含まれる水分やゴミを取り除き、冷媒を潤滑に供給する。




Home Line up
カーエアコン
 一般的なトラブル
 構造
 ├修理事例
 クリーンエアフィルター
 冬季限定エアコンキャンペーン
ナビ
 取付
 └アフターサービス
ETC
Rebuild
 スターター
 オルタネーター
   ├オーバーホール
   簡易整備
   部分修理
   構成部品
   └お客様の声
 リビルト品一覧
Custom
 ピラーくん
 間接照明
 施工例

Try !
 ETC取付
 サイトグラスの確認
 エアコンフィルターの交換
 バッテリー交換
 バルブ交換
Contact
会社案内
ご注文・お見積もりについて
カーデンソーネット

電気ぼうずは今日もゆく
 整備手帳
   └充電系
 徒然
Copyright(C)2002 YACHIYODENKI.LTD All Rights Reserved / Powered by Craft  HOME  Mail